« 実は今日 | トップページ | ☆学校へ☆ »

2008年6月24日 (火)

今日が命日

6月はお家のことで色々ある月で

先日は結婚式の記念日だったのですが

今日はkaz-manのお母様の命日です。

私が結婚した時には、もうお亡くなりに

なっていたのでお会いした事はありません。

でも、とっても子煩悩で頑張りやさんの

お母様だったと聞いています。

kaz-manも、とても愛されていたのでしょう。

そんなお母様の大好きだったユリの花を

仏壇に飾りました。

色白でとても美人な人だったといいます。

20数年前、交通事故で亡くなりました。

当時、脇道から飛び出してきたトラックに

ぶつけられました。

お母様のほうが大通りを運転していたのに

死人に口なしとは良く言ったもので

お母様がよそ見をした。と、トラックの運転手は

言ったそうです。。。

外傷が無かったので信じられないようだった

そうです。とてもきれいだったと。

大きな病院へ運ばれて数時間後、学校へ

連絡があったkaz-manは先生の車に乗せられ

病院へ到着しました。

すると、まるで待っていたかのように

kaz-manの呼びかけに一筋の涙を流し

心臓が停止したそうです。

どんな思いだったでしょう

突然の死を

小さな心で受け止めるには

あまりにも大きなショックだったでしょう

だからkaz-manは、とても家族を大事にします。

私達は亡き母から教わった大切な心を

これからも大切に過ごしていきたいと思います。

« 実は今日 | トップページ | ☆学校へ☆ »

コメント

交通事故、誰が遭遇してもおかしくない世の中。
せこせこ気ぜわしい日本人になったのはいつの事なのか。日本人はもっと礼儀正しく人にやさしかったはず。
kaz-manのお母様、またkaz-manもいい人でよかったですね。それよりもゆいなさんがいい方だからそういう人が寄って来たんだと思います。

きっとお母様は、今とても安心して穏やかにゆいなさんご夫婦を見守って下さっていることでしょうね。百合の花の香りとともに。

20数年たっても、こうして思い出して、大切に思ってくれる家族がいることはお母様もうれしいことだと思います。
いつも身近にいてくれる家族、大切にしなくちゃって私も思いましたconfident

目頭が熱くなる話でした。
kaz-manのやさしさはお母さん譲りなんですね。
ゆいなさんとkaz-manのことやさしく見守っていることでしょうね。

isaさんへ
ありがとうございます。
本当に現在の世の中は、どこか
ギスギスしているような風潮ですものね。
心の豊かな生活をしていきたいですね。
そうすれば事件や事故も少なくなるの
かな。なんて思います。

うお座先生へ
ありがとうございます。
昨日も家の中で不思議な音がしたりして
きっとお母様、きているのね。なんて
話しをしてましたo(*^▽^*)o

みつびちゃんへ
そうですね。ことわざでも
親孝行したい時には親はなし。って
言いますものね。
私も実家の両親や主人の父を
これからも大事にしていこうと思います♪

やちよさんへ
ありがとうございます。
家族を何よりも大切にする心を
忘れず、これからも仲良く過ごして
いきたいです♪

遅れましたが・・・
kaz-manさんのお母さんへ謹んでご冥福をお祈りいたします
大きな悲しみを知ってる方は強い人だと言いますそして本当に優しい人ですから
そんな人が選んだゆいなさんは又大きな懐の器の持ち主なんでしょうね
日々の健康と福運に感謝していきたいですね
お互いに・・・

キャラメルさんへ
ありがとうございます。
いつか私も天の国へ行ったら
kaz-manのお母様とお話ししたいと
思っていますo(*^▽^*)o

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実は今日 | トップページ | ☆学校へ☆ »